辻井いつ子の子育て広場

無料メールマガジン登録

息子・伸行さんの才能を引き出した辻井家の子育て術を12回連続でお届けします。下のフォームに入力後、「送信する」を押してください。

【第1回】
「うちの子には才能がない…」は本当か?
【第2回】
子どもの才能を伸ばす
観察術とは?

詳しくはこちら

BOOKS
最新刊 伸行さんが演奏する
CD付きブック!

<CD10曲(計62分+本文64ページ)>

今日の風、なに色?CDブック

『今日の風、なに色?CDブック』

詳しくはコチラ
ご購入はコチラ
発行:株式会社アスコム
定価:¥1500円+税

奇跡の音色

『ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色
〜恩師・川上昌裕との12年間の物語〜』


詳しくはコチラ
発行:株式会社アスコム
定価:¥1333円+税

         
第一弾 伸行0歳から
12歳までの物語

今日の風、なに色?

「今日の風、なに色?」
〜全盲で生まれたわが子が
「天才少年ピアニスト」
と呼ばれるまで〜
詳しくはコチラ
発行:株式会社アスコム
定価:¥1500円+税

    
第二弾 伸行13歳から
19歳までの物語

のぶカンタービレ!

「のぶカンタービレ!」
〜全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまで〜
詳しくはコチラ
発行:株式会社アスコム
定価:¥1500円+税


    
第三弾 子育て術を大公開

最新刊

「親ばか力」
〜子どもの才能を引き出す
10の法則〜
詳しくはコチラ
発行:株式会社アスコム
定価:¥1333円+税


BOOKS

奇跡の音色

『ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色
〜恩師・川上昌裕との12年間の物語〜』


詳しくはコチラ
発行:株式会社アスコム
定価:¥1333+税

   

最新刊

「親ばか力」
〜子どもの才能を引き出す10の法則〜
詳しくはコチラ
発行:株式会社アスコム
定価:¥1333+税


    
第一弾 伸行0歳から
12歳までの物語

今日の風、なに色?

「今日の風、なに色?」
〜全盲で生まれたわが子が「天才少年ピアニスト」と呼ばれるまで〜
アスコム発行・¥1500+税

    
第二弾 伸行13歳から
19歳までの物語

のぶカンタービレ!

「のぶカンタービレ!」
〜全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまで〜
アスコム発行・¥1500+税


INFORMATION

★マスコミ出演/掲載情報★
「マヨルカの啓示〜辻井伸行ショパンへの旅路〜」(NHK総合)
…2010年10月23日(土)15:05-15:48
家庭画報(2010年7月号)
*辻井いつ子インタビュー掲載
Como(2010年7月号)
*辻井いつ子インタビュー掲載
朝日新聞(2010年6月13日)
*辻井いつ子インタビュー掲載
「中居正広の金曜日のスマたちへ」(TBS系)
…2010年5月7日(金)21:00〜
「真夜中のきずなを求めて
〜200万人のラジオ深夜便リスナー」(NHK総合)

…2010年5月2日(日)17:30〜17:55
「徹子の部屋」(テレビ朝日系)
…2010年4月30日(金)13:20〜13:55
「天才じゃなくても  夢をかなえる10の法則」(日テレ系)
…2010年5月1日(土)14:30〜16:55
祝35年突入  『出張!徹子の部屋』お宝映像も大放出スペシャル(テレビ朝日系)
…2010年5月1日(土)19:00〜
「愛と魂の旋律『ショパンの世界へ』   〜伝説の生涯をたどる厳選18曲CD付〜」
生誕200周年記念!
究極の名曲とともにたどる、ショパン入門のCD+BOOK決定版です。
「ラジカントロプス2.0」(ラジオ日本)
…2010年4月24日(土)24:00〜24:30
*オンエアを聴き逃した方、もう一度聴きたい方、 番組HPからポッドキャストで聴けます!
「AERA with Baby」(2009年10月発売)
「0歳からの大きな芽の育て方」特集にインタビューが掲載されています。タイ トルは、「息子に喜びを与えてくれたのは、音楽という奇跡でした」。
「ETV特集」(NHK教育)
2009年11月22日(日)午後10時〜放送
"ピアニストの贈り物
〜辻井伸行・コンクール20日間の記録〜"
「ラジオ深夜便」(NHKラジオ第1)に出演!
2009年10月30日(金)午前1時台【29日(木)深夜)】放送。
「Baby Life」(vol.11)
「子育てのこと、気になるあの人に聞いてみよう。」特集。 いつ子さんが「伸行くんと、どのような距離で接してきたか」 についてブックディレクターの幅 允孝さんと対談をしています。
「Grazia」(2009年10月号)
「10人が教える人生の分岐点の越え方 『迷いの年代・30代へ贈る言葉』」特集で、 読者からのお悩みにいつ子さんが答えています。
「STORY」(2009年9月号)
連載「私たちのCHALLENGE STORY」で 7ページにわたって取り上げられました。 タイトルは、 「辻井いつ子さん、伸行さん母子の20年物語 『奇跡ではなく、ただ信じること』」。
「VERY」(2009年9月号)
「ママの“心”を支える、 とっておき子育てブック」特集で “オススメの2冊”を紹介しています。
「文藝春秋」(2009年8月号)
「奇跡のピアニスト」母の手記として、 6ページにわたって掲載。

CONTACT

ご意見お待ちしております。
アスコム「辻井いつ子子育て広場」事務局
kosodate@ascom-inc.jp

辻井伸行(つじい のぶゆき)

 2009年6月、アメリカ、テキサス州フォートワースで行われた「第13回 ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人として初の優勝を果たし、以来、日本を代表するピアニストの一人として国際的な活躍を繰り広げている。

 1988年東京生まれ。幼少の頃よりピアノの才能に恵まれ、95年、7歳で「全日本盲学生音楽コンクール」器楽部門ピアノの部第1位受賞。98年、10歳でオーケストラと共演してデビューを飾る。2000年にはソロ・リサイタル・デビュー。05年には、ワルシャワで行われた「第15回 ショパン国際ピアノ・コンクール」に最年少で参加し、「批評家賞」を受賞した。

 「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」優勝後は、日本の主要コンサートホールでのツアーをはじめ、アメリカ、ドイツ、スイス、イギリスなど、数多くの国々でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、世界各国で圧倒的な成功を収めている。11年11月にはカーネギーホールでのリサイタルが高い評価を受けた。12年には、アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団の定期演奏会でのロンドン・デビュー、ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団の招きによるサンクトペテルブルクの白夜音楽祭へのデビューなど、世界的に高い注目を集める公演を多数行う。

 07年、エイベックス・クラシックスより《debut》でCDデビュー。
以来、《マイ・フェイヴァリット・ショパン》《展覧会の絵》《ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番》《チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番》をリリースし、いずれのアルバムもクラシックでは異例の大ヒットを記録している。11年には、幼少の頃からの自作曲や、映画やドラマのテーマ曲を集成した初の自作アルバム《神様のカルテ〜辻井伸行 自作集》、《辻井伸行 カーネギーホール・デビューLIVE》の2枚の話題作をリリースし、いずれも高い評価と大きな話題を集めている。最新作は《モーツァルト・アルバム》で、12年9月のリリースを予定している。

 作曲家としては、11年、映画《神様のカルテ》で初の映像作品のためのテーマ曲を手がけたことを皮切りに、ドラマ《それでも、生きてゆく》のテーマ曲、映画《はやぶさ〜遥かなる帰還》(12年公開)の映画全編の音楽を手がけ、有望な若手作曲家のひとりとして高い注目を集めている。

 上野学園大学演奏家コースを11年3月に卒業。これまでに、 増山真佐子、 川上昌裕、川上ゆかり、 横山幸雄、 田部京子、干野宜大各氏に師事。

 09年「文化庁長官表彰」(国際芸術部門)。 10年、「第11回ホテルオークラ音楽賞」及び「第1回岩谷時子賞」受賞。 12年、映画《神様のカルテ》で「第21回日本映画批評家大賞・映画音楽アーティスト賞」受賞。

2012年7月現在

オフィシャル・サイト:http://www.nobupiano1988.com/index.html

| 特定取引法 | プライバシーポリシー|